農業体験「野口菜(水掛菜)」 ※キャンセル待ちのみ受付中

開催日

2021年6月2日

開催時間

9:30~11:30

開催場所

だいや体験館・農場 Tel: 0288-21-4421/定休:毎週火曜日 (祝日の場合は翌平日)・ 年末年始

※2021.3.4 定員に達した為、キャンセル待ちのみ受付中です。

日光の野口地区で、400年もの間栽培されてきた伝統野菜「野口菜」。
歴史や、畝間に水を流す農法、おいしい冬の葉物を学びながら楽しみます。

◆全4回+適宜間引き・収穫する体験講座です。
6/2 (水)(1)種取り準備
6/16 (水)(2)種取り
9/29 (水)(3)種まき
10/27 (水)(4)間引き
また、12月~3月末の営業日9:00~15:00に、適宜間引き・収穫にお越しください。

すべて9時30分~11時30分

◆お申込みは、2021年3月1日の9:00から開始します。
◆行事予定表は、だいや体験館窓口で配布しています。

—-
【野口菜の小話】

日光の地に東照宮が建立される際に、静岡から来た職人が、御殿場に伝わる『水掛菜(みずかけな)』の種と農法を日光にもたらしたと言われています。
畝の間に伏流水を流すこの農法は、だいや体験館のある野口地区で数百年にわたって継承されてきました。
この地域では『野口菜』と呼ばれ、ビニールハウスなどがなかった時代に、冬も食べられる新鮮な野菜として大切に栽培されていました。
日光の歴史と男体山の伏流水がもたらした貴重な伝統野菜です。

定員に達したため、現在はキャンセル待ちのみ受付中です。

来館、またはお電話でのお申込みはこちらから受付時間等ご確認ください。

定員

20名 ※既に定員に達しました。キャンセル待ちの状態です。

参加対象

小学生以上(小学生までは保護者同伴必須)

参加費

初回に900円

講師

だいや体験館職員

持物

■長靴・作業手袋・帽子・汚れてもいい服装・タオル ■収穫する際は、袋やケースをお持ちください

ご注意

■年間の気候により収穫量が変動します。ご了承ください。
■天候による延期等は、前日か当日8:30頃にお電話いたします。
■感染症等の状況により、変更や中止となる場合は、決まり次第お電話いたします。